■「この男がジブリを支えた。近藤喜文展」@浜松市美術館

先週の話ですが

 

「この男がジブリを支えた。近藤喜文展」

 @浜松市美術館

 

に行ってきました。

 

 

こちらの展示、タイトルに

「ジブリ」とありますが

 

「ジブリ」以外の展示も

もちろんあり

結構「大人向け」です。

 

 

そう、大人向け!

 

なので

 

今の仕事や自分の在り方に

迷われている方は

 

ぜひ見に行ってみて欲しいなと

思います。

 

 

その理由はただ一つ。

 

すごく勇気をもらえます。

 

アニメーターの近藤さんは

 

ものすごく先鋭的なわけでもなく

ものすごく独創的なわけでもない

 

アニメ化に行きつかず

苦しみ挫折の時代もある。

 

 

それでも、高畑勲氏に

 

「感じの出る絵、

 感じを出せる動き

 それを描き出せる人、

 

 それがぼくにとっての

 近ちゃんでした」

 

と、信頼され

 

宮崎駿氏に

 

「僕が出会った何百人もの

 アニメーターの中でも

 屈指といっていい感じの

 いい仕事をする

 腕のいいアニメーター」

 

と言わせた

 

その存在は

その仕事にかける想いは

その技術力を磨いていった

道筋には

 

 

ものすごく先鋭的なわけでもなく

ものすごく独創的なわけでもない

 

私たちが学ぶべきことに

溢れています。

 

日常やそこにあるものを

丁寧に見つめ続け描き出した

 

緻密で繊細なスケッチ。

膨大な数のイメージボード。

 

そしてその思考の軌跡。

 

 

それらを知りたい方は

ぜひ足を運んでみて下さいませ(^^)

 

 

 

「飛ぼう!

 上昇気流をつかむのだ!」

 

 

 

浜松市美術館

 浜松市中区松城町100-1

 午前9時30分~午後5時

 「この男がジブリを支えた。近藤喜文展

  ~9月9日(日)まで!

 

●8月11日(土)には

カオナシがやってくる

 

 みたいですよ!

(かなり気になる!(^^))

 

ちなみに美術館を出た後は

 

浜松城公園を散策して

公園内スタバで一息するのが

オススメコースです(^^)

 

にゃ!

 

 

▼応援クリック、いつもありがとうございますっ(^^)/


 ◀ブログTOP     前の記事

 

■私が粗品をもらわなくなったきっかけと、密かな想い

 昨日のブログ

粗品の慣習なんて この世からなくなればいい

 

で書いた通り、

私は粗品を頂きませんが

 

そうするようになったのには

明確なきっかけがあります。

 

 

それは、大学生の時。

 

バイト先でポイントの溜まった

とある老夫婦の方

ノベルティグッズを選んで

頂こうとしたら

 

「あ、私たちはそういうの

 頂かないようにしているの」

 

と言ってお会計を済ませ

颯爽と立ち去って行かれました。

 

 

その、

かっこよさたるや…!!

 

 

今までそんな風に断られたことが

なかったので

とても衝撃的だったことに合わせ

 

「そっか!

 断ってもいいんだ!」

 

と、さらに衝撃を受けました。

 

 

それまで私の中では

 

「粗品」や「ノベルティ」は

とりあえずもらっとくモノ。

 

という認識でした。

 

 

そこに

今まで想像もしていなかった

 

「断る」

 

という選択肢!!

 

 

この出来事をきっかけに

粗品に対する意識が180度変わり

 

それからは私も不要な粗品は

頂かないようになったのでした。

 

 

 

モノたちは

 

「こういうモノが欲しいなぁ

「あんなモノがあったらいいのに

 

という、

私たちの「想い」を纏って

この世に生まれてきます。

 

 

ということは、

 

私たちの願うモノが変われば

生まれてくるモノも

変わっていくのです。

 

 

例えば

 

不要な粗品を断る意識が

広がっていけば

 

配る側の人も

 

「こういった粗品はいらないんだ」

 

「こんなボールペンを配る

 んじゃなくて、もっと役に

 立てるモノはあるかな?」

 

「むしろ、粗品がなくても

 選んでもらえるような

 サービス、商品を作って

 いかないといけないよな」

 

という、意識が育ち

 

この世に生まれてくるモノが

変わっていきます。

 

 

そう。

 

私たちの何気ない消費行動が

この世に与える影響は

とてつもない大きいんですね!

 

 

 

だからこそ!整理収納で

 

自分に本当に必要なモノって

いったい何だろう?

 

と、一人一人がモノと

きちんと向き合っていくことが

とっても大切なんです。

 

 

その結果が、消費行動に

繋がっていくわけですから(^^)

 

 

と、ちょっと大きな話に

なってしまいましたが

 

 

実は、そんなことを整理収納を

通してこの浜松市で多くの方に

伝えていくことで

 

 

私たちの「想い」の質が変わり

 

「モノづくりのまち浜松」の

「モノづくり」の質も変わり、

 

なんか相乗効果がおこって

     

気付けば浜松の暮らしが

すごくいい感じになってた!

 


みたいなことにならないかなぁと。

 

 

そんなお手伝いを整理収納を通して

していきたいなぁと。

 

 

それが

浜松生まれ

浜松育ちの私にできる

浜松孝行かなぁ(^^)

 

 

と、密かに思っています。

 

 

 

そして私もいつか

 

「あのおばあちゃんカッコイイ!」

って思われたい!

 

とも、思っています。

密かに(^^)

 

 

▼応援クリック、いつもありがとうございますっ(^^)/


 ◀次の記事     前の記事

 

■粗品の慣習なんて この世からなくなればいい

私はよっぽどのことが無い限り

粗品は頂きません。

 

 

なぜか。

 

粗品はその名の通り

 

たいしたモノじゃ

ないからです。

 

 

整理収納にお伺いする

クライアントさんの中には

 

粗品の洗剤やボールペン、

小物ケースやタオル、などなど

 

山ほど粗品をストックされて

いる方もいらっしゃいます。

 

 

それでも

 

それらを心から気に入って

使われているのであれば

(適量かどうかはさておき)

まだいいのですが

 

 

多くの場合

 

「実はあまり香りが好みじゃ

 ないんだけど…」

「好きな色じゃないんだけど」

「使い心地はいまいちだけど」

 

とりあえず、あるから使ってる。

 

な、ことが多いです。

 

 

それってつまり

 

「たいしたモノじゃないモノ」を

もらうことによって

 

自分自身の暮らしも

 

「たいしたモノじゃないモノ」

していませんか?

 

 

だって!

 

 

どうせなら

 

心から気に入った香りの洗剤を。

 

書き心地抜群でいつでも

持ち歩きたくなるようなペンを。

 

大切なモノには間に合わせではなく

お気に入りの小物入れを。

 

使う度にほおずりするような

タオルを。

 

 

日々使いたいと

思いませんか?!

 

 

 

さらに粗品は

環境さえも粗末にします。

 

 

一番閉口したのは

 

営業性の強い会社名とロゴ

(しかもダサい)が

デカデカとプリントされた

 

エコバック!!

 

 

誰も使わないよ

そんなエコバック。

 

そんなの配っても

すぐにゴミ箱行きだよ。

 

それって全然

エコじゃないよ…。

 

 

 

でも。

粗品は無くならない。

 

 

なぜかって。

 

私たちが

もらうからですよね。

 

 

もらう人がいるから

渡す人がいるのです。

 

 

ならば、

 

「頂けるモノであれば…」

はもうやめて

 

 

自分自身で選び抜いた

「たいしたモノ」で

 日々の暮らしを満たす。

 

 

そんな暮らしをこれからは

していきませんか?

 

 

そう。

もう今日からそーしなよ!

 

『そしな』なだけに(^^)

 

 

▼応援クリック、いつもありがとうございますっ(^^)/


 ◀次の記事     前の記事