■やっタネ!⑫ セリアのカッティングシートで簡単!子どもが靴を、靴箱に戻したくなる方法

いつの間にか玄関が靴だらけ!!

な、時ありますよね。

 

 

特に子どもは

 

「靴は靴箱に入れてねー!」

 

なんて言っても

 

まぁ 戻ることはまれ。

 

 

そこで、

 

靴箱にこんな仕掛けを

作ってみました。

 

じゃん。

靴箱に足跡作戦!

 

 

子供たちは

「なになに~?」と気になる様子。

 

そして、

「これって靴を乗せるところなのー?」

 

と早速、置いてくれました!

 

 

大人もそうですが

「形」があると

 

パズルみたいに

なんだか合わせたくなるみたいですね。

 

 

あっという間に靴が靴箱に!

 

 

ポイントは

 

靴の数=足跡の数 にすること!

 

 

そうすれば、

空いている足跡があった時

 

「迷子の靴がいるみたいだよー?」

 

と声掛けができます。

 

 

これ、

 

「靴出しっぱしだよ!」

「ちゃんと靴箱にいれてね!」

 

 

より、ばっちり効果テキメン(^^)

 

 

私も

 

「注意する」というよりも

「パズル合わせのゲームに誘っている」

 

という感覚なので

とっても気がラクです。

 

 

足跡に子どもの好きな

キャラクターの絵を描いたり

 

シールを貼ったりしても

面白いかもです。

 

 

 

作り方はこちら!

 

<用意するもの>

・画用紙

・カッティングシート

(今回使ったのはセリアの宇宙柄!)

・ペン

・はさみ

 

 

<作り方>

 

①画用紙に靴の足型をとる

 

 

 

②足型をはさみで切りだす。

 チョキチョキ。足型の完成!

 

 

③カッティングシートに

 足型を使って、足跡を量産!

 

 足型を裏返せば、両足分に(^^)

 

 

④つけた線の通り

 カッティングシートを切って

 靴箱に貼れば…

 

 

⑤完成!!

 

靴箱に広がる小宇宙が可愛い~!

(個人の感想です。笑)

 

 

子どもとする整理収納は

 

「子どもも大人も楽しみながら」

 

が、きっと継続のコツですね(^^)

 

やっタネ!

 

 

▼応援クリック、いつもありがとうございますっ(^^)/


 ◀次の記事     前の記事